新任仔猫と名ハート犬cooの生活記録です。


by momohisami

親かっ!

ども!
さてさて、仔猫たちがウチに来て早や1週間。
弊社には先住のワン=今年8歳になるCooがいるので、
仔猫ちゃんとの距離を計りながら様子を見ているわけです。
日中家を留守にしている私たちとしては、心配で、
仔猫ちゃんたちは、ほとんどケージの中に。
このケージは、Cooのハウスにしてるもので、
Cooが怒るかな?と心配しながら。

Cooはというと、興味津々で、仔猫たちが動くと、さっと近寄って、
鼻先をケージに突っ込もうとします。

時々、仔猫たちをケージから出しては、Cooに近づけてみる。

ここ数日、そんなことを繰り返しながら、徐々にワンニャンの距離は接近遭遇!

ついに、昨夜あたりから、仔猫ちゃんを腕からおろして自由に床を走らせてみると・・・
げんき元気!
特にクロネコ1号(あ、2号は、もういないんだっけ)はジャンプ力も、走力もなかなかのもの。

猫が走ると、犬も走る。

3匹が床を走り回っています。

そして。。。

Cooが仔猫に鼻先を近づけて・・・
d0173160_9335646.jpg

「あ〜噛まれる!食べられるぅ!!!!!」
d0173160_9242978.jpgd0173160_9245141.jpg
あっ!ケツのあーなメッケ!


ドギマギしているY子の横で「ダイジョブ!」とタカをくくっている私。

と、Cooは仔猫たちの身体をぺろぺろ、ぺろーーーーりんこ。

そうだ、これは母親の行動だ!

どうやら、Cooの中に母性本能が目覚め始めたようです。
仔猫たちも、黙ってなされるままに。
でもね、仔猫たちの身体中が、Cooのつばでべたべたになるのよぅ。。。

d0173160_9262811.jpg

[PR]
# by momohisami | 2010-06-11 09:02 | SORAとHARU

第2の里親。

ども。
1尾か2尾か3尾か・・・(海老じゃねーって^^)
迷ってるうちに、一人猫好きがいるのを思い出して、
「仔猫、いるよん!」
M和ちゃんに連絡すると、やって来たのが一昨日の土曜日。
その日は、ひとしきり愛猫して帰ったそうだが。。。

とっても気になってる旨のメールが来たので、
「Buy Now!」
と返信したら、月曜日の夕刻、再度やって来た。

d0173160_9362259.jpg「かわいーな。かわいーな」
そう連呼するので、
「も、返すのよ」とジャブを入れ続けたら・・・

は〜い、ご成約〜!

ブラックボディの胸に、白い月のエンブレムを持った
月の輪号が、お嫁に・・・うんにゃ・・・お婿に行くことになったのでした。。。

と、同時に、優柔不断な私=桃と、相方Y子も・・・
「姫、ご決断を!」
2尾が我が家に永住することに決まったのでした。

早速世話人のA子さんに連絡するも・・・かくして、この夜は、
3尾の里親決定記念!ということで、桃、Y子、A子さん、M和さん、
4人で祝杯!とあいなりました。
d0173160_8582669.jpg

[PR]
# by momohisami | 2010-06-08 08:41 | SORAとHARU

一人か二人か三人か。

ども。
我が家に仔猫がやって来て3日目。
実はこの日に、世話をするかどうか決断して、
3匹のうち、どれを、何匹引き取るかを決めなきゃいけない。

もちろん、最初は1匹だけのつもり。
だけど、A子さんは、我が家の先住者Cooのこととかを考えると、
2匹いた方がいいという。
将来、犬が猫を鬱陶しくなることがあった場合に、
若い猫同士じゃれ合えた方が、犬にとっても楽だというわけ。

なるほろ〜いろいろありますね〜。

納得はするものの、果たしていきなり2匹も猫ちゃんの面倒がみれるのか?

一方、手元において見ると、3匹とも可愛い。
それに兄弟を引き離すのもなぁ・・・

そんなこんなで優柔不断なまま、日曜の日暮れを迎えて。

この日、夕方A子さんを初めて我が家を来訪してもらい、
仔猫たちの様子をみてもらいつつ、相談したのでした。

結果、もう少し様子をみるという、どこかの政治家のように、
先延ばしな結論を得て・・・こうして3日の夜は更けていくのでした。
d0173160_9385931.jpg
d0173160_9392056.jpg

[PR]
# by momohisami | 2010-06-06 07:53 | SORAとHARU

外猫愛猫家。

どっも!
ウチの近所には、公園に放置されてしまった猫たちの面倒を見ている人たちが何人かいらっしゃいます。
今回、私に仔猫ちゃんを紹介してくれたA子さんも、その一人。
それに、この仔猫たちを保護してた竹中さんも、そもそも、所有マンションの下で、”外猫”として
世話をしている母猫に、いつの間にか子供が出来ちゃってた・・・といういきさつでした。

野良猫たちのお世話をしている人たちには、頭が下がる思いですが、
この「野良猫に餌を与える」という行為には、
世間での評価は様々なようです。

この話についてはまたいずれ。

さとて。

そんなわけで、我が家にやって来た仔猫ちゃんは、
竹中さんちがとりあえず引き取っていた子供たちで、
その引き取り手として私が挙手していたわけでした。
d0173160_8102268.jpg

[PR]
# by momohisami | 2010-06-05 07:39 | SORAとHARU

SORAとHARUがやって来た!

ども!
2人と出会ったのは、2010年6月3日。
我が家には、今年8歳になるワンが一人いるんだけれども、
もともと猫好きでもあった桃(私)が、そろそろ猫ちゃんとも会いたいな。
そう思ったのが去年の終わり頃。
たまたま「気まぐれ本舗」という近所のナチュラルグッズのお店に貼ってあった
小さな張り紙に触発されてしまったのでした。
その時は、私のわがままでついに縁がなく終わってしまったのですが・・・

その後も、なんとなく猫ちゃんを求める気持ちがうずうずして。
ご近所の猫ちゃんたちをお世話しているA子さんについ、声をかけていたのでした。

それから数ヶ月を経て、「仔猫が生まれてます」と声をかけていただき、
この日、お見合いに出かけたのでした。

ポイントは、先住のワンコ、cooと上手くやってけるのだろうか?

ひたすらそれを気にしながら、一度、cooともお見合いをさせなきゃぁ、
と言うわけで、週末である翌日、生まれた間もない3匹の仔猫を我が家に連れ帰ったのでした。

d0173160_89089.jpg

[PR]
# by momohisami | 2010-06-04 18:14 | SORAとHARU